当事務所の特徴

日本酒の輸出先や海外のワインなどの海外のお酒の輸入先もご紹介します!

当事務所提携の日本酒輸出先、ワインなどの輸入先をご紹介することができます。
さらには、貿易コンサルタントと提携しているため、日本酒をご希望の国へ販売ができるよう、輸出先もお探しすることも可能です!

輸出をしても売れなきゃ意味がありません!
売れるような輸出先をお探しすることももちろんできます。
事前にマーケティングを行い、売れるかどうかのレポートも提出いたしますので、あなたのお酒輸出を全面的にサポートすることも可能です。
例えば、今までの実例では、イギリス、ドイツ、フランスなどのヨーロッパ、アメリカ、カナダはもちろん、中国、香港、タイ、シンガポール、ベトナムなどのアジア圏でも日本酒の輸出先をご紹介させていただいております!

ぜひ、あなたのはじめての日本酒輸出、輸入から成功までお手伝いさせてください。

ネットショップも酒類販売業免許申請と同時に当事務所を窓口として製作することができます!

酒販免許を取得してすぐホームページで売上を上げたくありませんか?
法定されている行政書士の業務は必要な酒販免許を申請することです。
実際、当事務所は毎日、酒販免許のご相談や申請書作成など携わらせていただいております。
しかし、これからホームページによりお酒を販売しようとしてホームページ制作会社にネットショップ制作を委託すると、通信販売酒類小売業免許を申請するために必要なサンプルページ制作で別途料金が発生したり、サンプルページができるまで時間がかかったり、サンプルページが法定されている条件を満たさず作りなおしとなったりするケースが多数あります。
そこで、当事務所ではホームページ制作会社と特別な提携を結び、通信販売酒類小売業免許についてサンプルページ制作も、もちろん込みでネットショップ制作料金を特別安く、そして毎月のSEO対策やサーバーなどの管理コストも特別な価格で提供することができるようになりました。

売れなきゃ意味がありません!
せっかく、通信販売酒類小売業免許を取得し、さらにネットショップを作ったならやはり売上をあげなければ意味がありません。
そこで当事務所はネットショップオープン後の集客や売上アップについても、提携先と常に研究し、実績を上げています。

ぜひ、あなたのネットショップの立ち上げから成功までお手伝いさせてください。

安心の実績

開業当初より、酒類販売業免許申請に特化し、今までの申請件数300件以上東海地方では申請件数NO.1の事務所です。
また、名古屋などの愛知県内、四日市市などの三重県内、岐阜県内の実績も多いほか、東京や大阪での申請実績も多数あります。
申請先の税務署がレアケースと言う難しい申請も多く携わっており、酒類販売業免許申請には絶対の自信もあります。
リサイクルショップの申請件数は、全国でもNO.1の実績!
さらに申請後、免許交付されなかったことは一度もありません!

酒類販売業免許申請をご検討の方、私を信じてぜひ一度ご相談ください。

代表者プロフィール

2009 年1 月行政書士事務所開業
ミライ行政書士法人代表。
行政書士業務の中でも専門的に酒類販売 業免許申請を代行しています。