自動販売機を申請する場合

現在、名古屋国税局管轄の税務署では自動販売機を設置する申請は、新規で酒類販売業免許申請をする場合には、許可が下りません。
たとえ、店舗の前に設置する場合でも、新規でも原則として許可をおろしていないようです

新規で酒類販売業免許申請をし、免許交付を受けてから自動販売機を設置する場合には、酒類販売管理者が管理できる状態であれば販売することができるようです。管理できる状態というのは、何かあればすぐに対応できる状態である必要があります。
例えば24時間自動販売機を稼働させるとすると、24時間いつでも酒類販売管理者がすぐに駆けつけることができ、連絡も取れる状態でなければなりません。

お酒の自動販売機を設置するというのは、税務署側も未成年飲酒防止の観点からあまり許可したくないようですから、新たに自動販売機を設置する場合には、根気のいる申請になると思われます。


代表者プロフィール

2009 年1 月行政書士事務所開業
行政書士那須法務事務所代表。
行政書士業務の中でも専門的に酒類販売 業免許申請を代行しています。