カリフォルニア州の酒類販売制度

アメリカでは、社会秩序の維持及び節度ある酒類の消費の推進から各州で、酒類販売制度を定めています。
カリフォルニア州では、酒類販売免許について、カリフォルニア州酒類管理局が管理をしています。

酒類販売免許の範囲

卸売業免許の分類
料飲店免許(On-sale)の分類
小売店免許(Off-sale)の分類

欠格事由

場所的要件

需給調整要件

酒類販売免許の有効期限

未成年者への飲酒規制

※購入者等が21歳未満であることを、酒類を販売等した者等が知っていたかどうかについては問わず、違反した場合には、罰金又は社会奉仕若しくはその両方が科されます。

広告規制等

カリフォルニア州では1991年に酒類免許申請者、酒類免許保有者及びその従業員向け教育訓練プログラムであるLEAD(Licensee Education on Alcohol and Drugs)プログラムを開始し、酒類の安全な供給に関する情報、酒類免許保有者の責任、違法な販売方法に関する知識等を提供されています。


代表者プロフィール

2009 年1 月行政書士事務所開業
行政書士那須法務事務所代表。
行政書士業務の中でも専門的に酒類販売 業免許申請を代行しています。