Q.酒類を買取したいのですが、酒販免許が必要ですか?

A.酒類を買取するだけであれば、酒販免許は不要です。
酒類の買取は仕入れであるため、販売行為ではないことから、酒販免許の取得は必要ありません。
ただ、買い取ったお酒をインターネットオークションや店頭にて販売するためには、酒販免許が必要になります。

リサイクルショップでお酒を買取り、販売することは現在の法律では、完全に対応しておらず、
管轄の税務署により個別判断ということになります。

買取りすることは、特に問題はありませんが、買取依頼をするお客様が問題となってくることがあります。
1度だけの買取依頼なら問題もありませんが、お酒の転売目的や月に何度も買取依頼をするようなお客様は注意が必要です。

酒税法上、買取依頼も販売行為となるため、反復継続的にお酒の買取依頼をすると、
買取依頼をするお客様自身が酒類販売卸売業免許を取得していなければ、無免許販売となり、罰則の対象となるためです。

そのため、リサイクルショップが酒販免許を取得するためには、適切な販売体制だけでなく、適切な買取体制も備えていることが必要となります。
適切な買取体制については、明確な基準もないため、それぞれの管轄税務署の酒類指導官による個別判断となるため、通常の酒販免許より、酒類販売業免許取得だけでなく、酒類販売業免許申請も難しくなっております。

当事務所では、リサイクルショップでの酒販免許取得も名古屋をはじめ、全国に多数の実績があります。
リサイクルショップでお酒を買取、販売されたい方は下記より今すぐお問い合わせください。

無料問い合わせフォームはこちら

フォームによるお問い合わせは24時間受付中


代表者プロフィール

2009 年1 月行政書士事務所開業
行政書士那須法務事務所代表。
行政書士業務の中でも専門的に酒類販売 業免許申請を代行しています。