Q.古物としてのお酒販売について免許が必要ですか?

A.古物(骨董品)としての販売であっても、お酒であれば免許が必要になります。

古いお酒を買取り、販売するためには酒類販売業免許が必要になります。
ただ、買い取るだけであれば免許は必要ありません。

必要な免許は、店頭で販売する場合であれば、一般酒類小売業免許が必要ですし、
インターネット販売やヤフーオークション販売などは通信販売酒類小売業免許が必要になります。

古物としてお客様から買い取る場合には注意が必要です。
継続的に特定のお客様から買い取る場合には、そのお客様についても酒類販売業免許が必要になります。

この場合のお客様に必要な免許は、焼酎などは全酒酒類卸売業免許、海外のお酒であれば、洋酒卸売業免許が必要になります。


代表者プロフィール

2009 年1 月行政書士事務所開業
行政書士那須法務事務所代表。
行政書士業務の中でも専門的に酒類販売 業免許申請を代行しています。